板橋区で食物アレルギーを専門的に取り扱うときわ台はしもと小児科アレルギー科

ときわ台 はしもと小児科アレルギー科

  • タップで電話する
  • 受診予約(24時間)
初めての予防接種についてスケジュールなどのご相談を承ります。肌トラブルなどの体調についてもお気軽にお問い合わせください。

アレルギー科

アレルギーに関するお悩みについて、じっくり取り組んで参ります

生活環境や食物などの影響から、アレルギー疾患を抱える子どもたちも増加したため、アレルギー科を設置する小児医療施設が全国で増えてます。

当院も長年の治療経験を活かした小児アレルギー疾患に特化した形でじっくりと診察を行うべく、ときわ台はしもと小児科アレルギー科を立ち上げました。

また、アレルギー科では日本小児アレルギー学会、日本アレルギー学会が作成しているアレルギー疾患の治療ガイドラインに基づき、標準的治療を優先して治療を進めて参ります。

しばしば喘息発作を起こしていても治療が継続できない場合、アナフィラキシーを起こす子どもへの対応や園・学校での受け入れで苦慮している場合、難治のアトピー性皮膚炎で治療が難航している場合など一般診療では対応しづらかった場合へも積極的に対応していきます。

主に取り扱っている疾患、治療内容

小児気管支ぜん息 (小児ぜん息)

小児ぜん息は治療ガイドラインの普及、吸入ステロイド薬の積極的利用などにより、昔と大きく治療法が変わっております。乳幼児のぜん息について早期診断、早期治療を行い、ぜん息の重症化を防ぐことが重要です。

当院では日本小児アレルギー学会作成の小児気管支ぜん息治療・管理ガイドラインを元に、お子さんの状況を踏まえた指導を重視して治療をおこないます。

食物アレルギー

食物アレルギーの対応で大切なことは、正しい診断に基づく必要最小限の除去、早期の除去解除にむけて食物経口負荷試験による確認、アナフィラキシーを起こしたときの対応です。

当院では原則として問診を中心に、血液検査、皮膚検査および食物経口負荷試験の結果などから総合的な診断を行い、食物除去の最小限化、また指導による栄養のバランスにて調整を行っております。アナフィラキシーを起こす可能性がある場合には学校や預かり施設と連携してアナフィラキシー対策を取り扱う場合もございます。

状況やご希望に応じ除去食が必要な場合は少しずつ食べながら除去解除を行っていく治療方法も視野に入れて対応いたします(経口免疫療法)。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。1歳未満では2ヶ月以上、1歳以上の方であれば6ヶ月以上継続した状態です。乳児、幼児・学童、思春期・成人と年代別に症状の現れる部位に特徴があります。
アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを発症しやすくしたり、ぜん息につながったりします。顔の湿疹が長期にわたると視力障害を起こすこともあります。かゆみが強くて日常生活に支障が出たり、睡眠障害が起こって成長が障害されたり、集中力が低下して学習に支障が出ることもあります。

アトピー性皮膚炎は短期間では治りませんが、正しい治療を行うことで症状が出ない状態にすることはできます。治療の三本柱としては、「薬物療法」「スキンケア」「悪化要因の対策」があります。

1. 薬物療法
炎症がひどく出ている時にはステロイド薬の塗り薬を使います。ステロイドと聞くと副作用を心配される保護者も多くいますが、内服薬と違って全身性の副作用は少なく、最近では、効果的で皮膚の副作用を少なくする「プロアクティブ療法」が推奨されています。
2歳以上では、免疫調節薬のタクロリムス軟膏の選択肢もあります。かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン薬などの飲み薬を併用することもあります。12歳以上の小児で重症であれば、注射薬のデュプリマブも選択できます。
今後は、ホスホジエステラーゼ4(PDE4)阻害薬の軟膏の適応が待たれています。
2. スキンケア
アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚は、バリア機能という皮膚を守る機能が低下していることが多く、バリア機能の強化には、皮膚を清潔にすることと保湿剤を適量に塗ることがとても大切です。
洗う際は、石鹸をきめ細かく泡立てて、手で洗いましょう。保存料や添加物が少なくて刺激が弱いものを選ぶようにしましょう。
保湿剤は、夏はローションタイプ、乾燥しやすい冬はクリームや軟膏、夜にクリームや軟膏といったように季節や時間帯で分けることもあります。
3. 悪化要因の対策
悪化する要因は、年齢や生活環境などで異なりますが、何か一つの要因ではなく、いくつかの要因が重なりあって起こることが多いです。要因として、ダニやカビ、ペット、花粉などのアレルゲン、皮膚の黄色ブドウ球菌、汗、よだれ、食事のバランス、不規則な生活、ストレスなど様々です。悪化因子が推定できれば対策もできるので、悪化因子を考えることは大事です。

参照:独立行政法人環境再生保全機構. 「ぜん息悪化予防のための小児アトピー性皮膚炎ハンドブック」「すこやかライフ47号、52号」

大切なことはお肌の手入れを重点的に行い、皮膚のスベスベ・ツルツルを継続するための予防的な治療を身につけていくことです。当院ではスキンケア指導も行いながら治療を進めていきます。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

この症状の多くは小学校高学年から中高生に起こります。
原因の食物を口にしただけでは症状は出ませんが、特定の食べ物を食べた後に運動した場合に、じんましんや呼吸困難、さらにアナフィラキシーショックが発症します。

当院では、原因となる食物の検査および症状が出たときの対処方法について一緒に取り組んで参ります。

アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎は、小児ぜん息やアトピー性皮膚炎に合併することの多いアレルギー疾患です。原因として下記のようなものが考えられます。

  • ・ハウスダスト
  • ・ダニ
  • ・花粉(スギ花粉、ヒノキ花粉、カモガヤ花粉、ブタクサ花粉、ハンノキ花粉など)
  • ・ペットの毛 (ネコ、イヌ、モルモットなど)

当院では血液検査により原因となるアレルゲンの検査を実施し、生活指導や点鼻薬(ステロイド点鼻薬)、内服薬(抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬)や減感作治療(免疫療法)を行っております。

花粉症

花粉症とは

花粉症とは、季節性アレルギー性鼻炎のことで、スギやヒノキといった植物の花粉に対し免疫反応が引き起こされることで症状がでてきます。本来、免疫反応とは細菌やウイルスといった身体にとって害となるものに対してはたらく身体の防御システムです。ところが、身体には無害であるはずの花粉を害とみなして免疫システムが働いてしまうことでアレルギー反応がおきます。

症状としては鼻水や鼻づまりといった鼻の症状だけでなく眼のかゆみ、充血など眼症状、その他にも頭痛や微熱、だるさといった症状がおきることもあります。

花粉は、晴れて気温が高くなる日や、空気が乾燥しており、風が強い日、雨上がりの翌日や気温が高い日が2~3日続いた後に多く飛ぶ傾向にあります。時間帯としては、気温が上がり、スギ林からでた花粉が都市部に飛散するお昼前後、舞っていた花粉が日没で地上に落下してくる日没前後に花粉の飛散量が増えることがわかっています。

花粉の飛散量が増えるにつれ、アレルギーの症状も強くでてしまいます。花粉症対策の1つとして外出などは花粉が多い時間帯を避ける方が好ましいといえるでしょう。

気をつけたいセルフケア

花粉症を避けるには何よりも花粉と接触しないことが一番です。花粉症用のマスクやメガネを使用することで鼻や目に入り込む花粉の量を4分の1程度まで、通常のマスクやメガネでも半分程度に減らすことができます。また、マスクを使用する際に、インナーマスクを使用することで鼻から吸い込む花粉を90%以上カットすることができることがわかっています。

花粉がつきにくい素材のアウターを着る、帰宅したときには部屋に入る前に花粉を落とすようにするなどにも気をつけると家の中に花粉を持ち込まずに済みます。また、体調が悪いときにはアレルギーの症状が強くでてしまいます。バランスのよい食事や睡眠時間を確保するなど生活習慣にも気をつけるようにしましょう。

症状をとるための薬をつかう(薬物療法)

花粉をなるべく避けるようにしてもアレルギーの症状がでてしまうこともありますので、その場合は花粉症の症状を和らげるため、内服薬や点鼻、点眼といった薬で対処していきます。いずれの薬も安全とはいえ副作用が全くないわけではありません。使用量、使用回数など医師と相談の上、安心安全に使用することが大切です。なお、授乳中、妊婦さんでも使うことができる薬もありますのでご相談ください。

1. まずは内服薬
内服の薬にもいろいろ種類があります。主に抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬があります。内服のステロイド薬や筋肉注射のステロイド薬は、強い副作用が出る可能性があるので、当院では使用を控えております。
内服の薬では、眠気の副作用が気になるところでもありますが、第2世代抗ヒスタミン剤に分類される薬は比較的の症状がでないことで知られています。
2. 鼻症状が強い場合は点鼻薬

鼻詰まりなど鼻症状が強い場合は、多くの方に安全に使える点鼻薬としてこれまでも長く使われている、ケミカルメディエーター遊離抑制点鼻に分類されるインタール点鼻があります。これはアレルギー性鼻炎の予防や授乳中、妊婦さんでも使うことができるのが特徴です。

また内服薬の進歩が著しい抗ヒスタミン薬も点鼻としてはザジテン点鼻、リボスチン点鼻があります。これらは第1世代抗ヒスタミン剤に分類され、眠気の副作用もあるため注意が必要です。

ステロイド剤にも点鼻の薬があり、内服だと副作用が気になってしまう方もいるかもしれませんが、ステロイド点鼻では副作用が非常に少ないといえます。アラミスト、ナゾネックスといったステロイド点鼻は噴霧した場所で作用するため血管に吸収されにくく全身性の副作用は少ないといえます。

3. 目の症状が強い場合は点眼薬
目がかゆいなど眼症状がある場合は、抗ヒスタミン剤の内服でも使われるアレジオンやパタノールや点鼻にもあるリボスチンの点眼薬がよく使われます。またケミカルメディエーター遊離抑制剤のインタールも点眼薬として使われます。

舌下免疫療法

この他にも、花粉が飛ぶ時期のアレルギー症状を減らす方法として、減感作療法(免疫療法)というものがあります。以前は、皮下免疫療法といい定期的に病院を受診し治療薬を皮下に注射して行うのが主流でしたが、現在では舌下免疫療法といって1日1回薬を服用する方法が登場しました。5歳以上の患者さんで行うことができます。
舌下免疫療法(シダキュアⓇ)は、スギ花粉症状のなくなる6月頃から開始し、3〜5年にわたり継続して服用することで花粉症が飛ぶ時期の症状を抑えることができます。舌下免疫療法を開始した8割の人で症状が軽減、または無症状になると報告されています。
花粉症の症状で日常生活に支障がでる人も多くいます。上手に対策を行い、花粉症の時期を乗り切りましょう。

医院概要

〒174-0071
東京都板橋区常盤台1-2-3 新光常盤台ビル3階

※最寄駅:東武東上線 ときわ台駅北口徒歩1分

※当院は専用の駐輪場・駐車場がありません。
恐れ入りますが、近隣の施設をご利用ください。

03-6454-5415

MAP

休診日 日曜・祝日
※金曜日午後は日大板橋病院小児科アレルギー外来診療の
ため林医師が担当します。

診療科目:小児科、アレルギー科

一般外来
09:00~13:30
14:30~18:00
専: 専門外来
健: 健康診査
予: 予防接種

※ 受付は午前も午後も診察終了15分前までです。
ご注意下さい。

当院は原則的に20歳までの患者様を対象としております。ただし、慢性疾患で成人まで持ち越した患者様や風邪やインフルエンザ予防接種などでお子様といらした保護者様の診察は行います。また、花粉症でお悩みの大人の方の診察も行います。
午後の専門外来は予約を承っておりますが、一般外来も対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

PAGETOP